iPad版Photoshopで背景を簡単に切り抜く

iPad版Photoshopで背景を簡単に切り抜く

まだまだデスクトップ版ほど機能が充実していないiPad版Photoshopですが、「被写体を切り抜く」機能はiPad版でも採用されています。

今回はiPad版のPhotoshopで被写体を切り抜く機能を使いつつ、マスクを編集することで微調整をしながら背景をきれいに切り抜くところまで解説していきます。

正直、背景を切り抜くアプリはたくさん出ているので、敢えてPhotoshopを使わなくても良いです。

私が敢えて使うのは、Adobeのサブスク契約をしているのと、デスクトップ版で使い慣れているからです。どうせなら使い倒してやろうという、貧乏根性です。


今回のサンプル画像です。それでは早速、レッツトライ!

こんな感じで背景を切り抜きます
こんな感じで背景を切り抜きます
「投げ縄」ツールを長押しします。その後「被写体を選択」を選択します
「投げ縄」ツールを長押しします。その後「被写体を選択」を選択します
Adobe senseiが自動的に被写体を抽出してくれます
Adobe senseiが自動的に被写体を抽出してくれます

Adobe sense I(AdobeのAI)が自動的に人物を選択してくれます。

ただし写真によっては結構選択範囲が荒かったりします。コントラストが低い写真や服の色と背景が同系色の場合等はうまく選択できない場合があります。その場合は素材の写真のレタッチを予めしておきましょう。

マスクをタップ
マスクをタップ
先程の選択範囲にマスクがかかりました
先程の選択範囲にマスクがかかりました

マスクって何? –

実際の画用紙と絵の具で絵を描く場合にマスキングテープを貼って加工しない領域を作るのと同じです。黒色で塗られているところがマスキングテープが貼られた部分になり、変更できないようになります。白色で塗られているところが描き込みができる部分になります。

マスクの構成と得られる結果
マスクの構成と得られる結果
このままだと選択範囲がガタガタなのでマスクを編集することによって選択範囲を調整していきます
このままだと選択範囲がガタガタなのでマスクを編集することによって選択範囲を調整していきます
髪の毛などの選択が難しい部分はマスクをブラシツールで編集することによって選択範囲の精度を上げます
髪の毛などの選択が難しい部分はマスクをブラシツールで編集することによって選択範囲の精度を上げます

ブラシツールを選択して髪の毛などの選択しにくい部分を黒で塗っていきます。

筆圧感知がしっかり働くのでアナログで筆で擦るように感覚的に塗っていけばオッケーです。

レタッチをApple Pencilで感覚的にできるのはiPadの優れているところですね。これがデスクトップ版だとマウスでやることになるんですがそれだととってもやりにくいんですが、iPadなら楽々です。

きれいに背景を切り抜けました
きれいに背景を切り抜けました

まだまだブラシの種類は少ないし、フィルターもレイヤー効果も使えないなど、もの足りない状態のiPad版Photoshop。

これからのバージョンアップに期待したいです。