iPhone を2台目のwebカメラにする:オンライン配信用に可能な限り低コストで環境を整えてみた

iPhone を2台目のwebカメラにする:オンライン配信用に可能な限り低コストで環境を整えてみた

構成

・スチールラック

ダイソー:脚× 4本/天板× 2枚/ジョイント金具× 1袋= 600円

・外付けウェブカメラ 1800円

・Power Mirror(ミラーリング用アプリ) 6,990円

全部で9,390円

iPadの手元撮影用のカメラをアイフォンで代用してコストを抑えています。

ミラーリング用のアプリPowerMirrorは,買い切りで6,990円でした。サブスクで1ヵ月2,000円位のコースもありましたが、ずっと使うのであれば永年で買い切りのライセンスを購入したほうがお得だと思います。

↑こんな感じで,ipadの操作をiPhoneで撮影しながら画面共有しながら授業をします。この画面がそのままライブペイントになっています。私の顔や表情は外付けのwebカメラで同時に配信しています。

本当はipadの手元の撮影はデジイチを使いたかったんですが,調べたところ,カメラが古すぎてアプリに対応していなかった。
一台のパソコンにwebカメラを2台つけるのが,なんやかんやめんどくさそうなのとお金もかかりそうなので,とりあえずは安価でやりたいことができたので,これでよしとします。

もう少し機材に投資できるようになったら機材を買い揃えていきたいと思います。

ミラーリングアプリはこちら↓
PowerMirror
https://www.apowersoft.jp/phone-mirror

透かし入りで無料のプランがあるので,試してから,使えそうなら有償版を購入するのが吉です。決して安くはないので。。。
ちなみに私はWifiでの接続ができませんでしたので,有線で接続しました。
たま〜にタイムラグがありますが(有線なのに(汗))特に問題なく使えています。動作もシンプルで録画もできるので,決して高いとは思いません。サブスクじゃないので適正価格だと思います。